9月11日に放送された「健康で文化的な最低限度の生活」(フジテレビ系)での松本まりか(34)の怪演ぶりが話題を呼んでいる。松本は今回、外面とは裏腹に実は娘を残して4年間姿を消していたという母親役を演じた。

 

二面性のある難役であり「義経!金入ってないですけど!」と役所に怒鳴り込む姿の迫力――。Twitterでは《松本さんのぶりっこと怒りの変わる演技力にはすごいな。って感じた》《ほんと強烈という表現があってる。ひと昔前ならサスペンスの裏女王になってもおかしくない迫力だな》《松本まりか待ってました。演技が素晴らしいのでもっとドラマ出て欲しい》と絶賛の声が上がっている。

 

松本といえば今年1月のドラマ「ホリデイラブ」(テレビ朝日系)に出演。仲里依紗(28)演じる主人公の夫の浮気相手・井筒里奈役が大評判を呼んだ。その“あざと可愛さ”を武器に暗躍する姿には、視聴者も戦々恐々。一気にその名を知らしめた。

 

「松本さんは00年のドラマ『六番目の小夜子』(NHK教育)でデビューしましたが、その役柄もいわば周囲をかき乱す役柄。以降、幅広く活躍をしていましたが『ホリデイラブ』のハマり役で大ブレイクしました。カメレオン俳優・中村倫也さん(31)も松本さんに一目置いていて、同作で松本さんが里奈を演じるとわかった際には『絶対面白いドラマになる!』と確信したそうですよ」(テレビ局関係者)

 

その怪演ぶりが発揮されるのはまさに“嫌われ役”。松本自身にもマイナスのイメージがついてしまいそうだが――。

 

「彼女は『イメージはあまり気にしない』と言っており、むしろ強い印象を残すことができて嬉しいくらいだそうです。松本さんには、濡れ場に挑戦するのもいとわないほどのプロ意識がある。ほかの女優さんが避けようとする役柄をあえて買って出て、確かな演技力で存在感を発揮する。そういった女優マインドが現場でも重宝されるゆえんです」(テレビ局関係者)

 

10月からスタートする山口紗弥加(38)の主演ドラマ「ブラックスキャンダル」(日本テレビ系)にも出演する松本。同ドラマでは山口演じる矢神亜梨沙の整形前を演じるという。年末にかけて、飛躍も一気に加速しそうだ!