9月21日、バナナマン・日村勇紀(46)が未成年と淫行したという疑惑が報じられた。しかしネットでは意外な反応が上がっている。

 

「FRIDAY」によると日村は16年前、当時16歳だったという少女と不適切な関係を持ったという。日村は取材に応じた上で、事務所を通じて謝罪コメントを同誌に送っている。

 

またこの件を受け、フリーアナウンサーの妻・神田愛花(38)もTwitterを更新。神田は「この度は、夫に関する報道で皆様にご心配をお掛けしてしてしまい、大変申し訳ございませんでした」と謝罪。「これまで以上に皆様に笑いをお届けする事が出来るよう、わたくしも精一杯彼をサポートして参る所存です」と決意を明かしている。

 

「そもそも16年前の話ですし、被害女性の出身地である愛知県では淫行条例が施行されていたものの公訴時効は3年。『なぜこのタイミングで?』と訝しむ人が大半のようです。日村さんご夫婦は、もともと好感度が高い。今回の騒動にも、応援ムードが強いようです」(芸能関係者)

 

Twitterでも《日村さんは被害者じゃないかなぁ。そんな相手の事に対して日村さんは謝罪をしたのは本当に大人》《日村さん完全に被害者やん。奥さんも気の毒》と日村を擁護する声や、《愛花さんは今の日村さんに惹かれてご夫婦になれたんですから、今の日村さんと幸せな結婚生活を送って下さい》《愛花さん、日村さん、大好きです。これからも変わらずお二人とバナナマンを応援しています。愛花さんありがとう》と神田を慮る声が上がっている。