9月中旬の昼過ぎ、東京・表参道で女優の井川遥(42)が長女(9)と長男(6)を連れて買い物をしていた。サングラスをかけた井川はオーガニックの食品や衣類、花や雑貨などを取り扱う高級フリーマーケットに立ち寄った。オーガニックな野菜や果物などを物色して、大きな観葉植物などを購入。観葉植物を抱えた井川は移動中、子供たちが“荷物が重い”という仕草をすると「それくらい自分で持ちなさい!」と、甘やかすことなく一喝。厳しいしつけをするママの顔を見せていた。

 

「井川さんのお父さんは、挨拶、言葉遣いや食事マナーなどの礼儀について厳しく、怒ると口よりも先に手が出るようなタイプだったそうです。井川さんは父親を反面教師にしていて、子供をしつけるときは、口頭で伝えることを心がけているそうです」(井川の知人)

 

母親なら誰もが抱える子育ての悩み。だが、井川には心強いママ友たちがいる。その一人が、長谷川京子(40)だ。

 

「9月上旬も2人は共通の友人の誕生日を一緒にお祝いしていました。2人での外出もたびたびあり、長谷川さんのインスタにも登場するほど。長谷川さんの方が年下なので、親しみを込めて《井川先生》と呼んでいます」(別の知人)

 

篠原涼子(45)、板谷由夏(43)ともママ友仲間だ。

 

「板谷さんはとても社交的で面倒見がいい“姉御肌”。幅広い交友関係は芸能界では有名です。井川さんも板谷さんも旦那さんがともに服飾関連業ということもあり、出産前から仲がよかったんです。特に最近、関係が密なのが篠原さん。下のお子さんの幼稚園も上の子の小学校も一緒。家が近所ということもあり、自宅を行き来して、子どもを預け合うほどの間柄なんです」(服飾関係者)

 

井川、篠原、板谷、長谷川の4人は全員、子供2人の母親だ。第1子を’08年~’09年に出産し、第2子に関しては、4人そろって’12年に出産している。篠原は昨秋のバラエティ番組で、多忙な女優ママ友たちとの交流を具体的に明かしている。

 

「環境が似ているので、互いの悩みを相談し合ったりしますね。ふだんはメールで連絡し合っていますが、誰かの子供が具合悪くなったりとかで、『またリスケしようね(涙)』ということも……」

 

前出の服飾関係者は言う。

 

「4人とも同じ女優業の仲間として、仕事の悩みを率直に言い合えるから気が楽になるようです。多忙な4人なので、頻繁には集まれませんが、子供2人の進学やお受験問題も皆さん共通の悩みだと聞いています」

 

最強アラフォー女優ママ友会のサポートを得て井川の奮闘は続く。

関連タグ: