香取慎吾(41)が9月28日までに自身のツイッターとインスタグラムを通じ、大手レコード会社「ワーナー・ミュージック」と契約したことを発表した。

 

SNSに「We Join Warner Music Group family!! 」とつづった香取。さらには稲垣吾郎(44)や草なぎ剛(44)らと撮影した写真を掲載したのだ。

 

「SMAP時代はビクターに所属していましたが、もともと3人のマネジメント会社社長がワーナーとも交流があったのです。その縁もあって、今回の契約に至ったようです」(レコード会社関係者)

 

昨年9月、ジャニーズ事務所を退所した3人は同じマネジメント会社に所属。メインはあくまでも俳優業だが歌手活動も行っており、パラスポーツ応援チャリティーソング「雨あがりのステップ」をイベントで生披露していた。

 

「外資系のワーナーだけに、アーティストには“稼げる”ということが求められます。その点、今年4月に香取さんと草なぎさんのユニット『SingTuyo』名義でリリースした『KISS is my life.』は配信チャートで大人気でした。そうしたことも、契約の決め手となったようです」(芸能記者)

 

ファンが待ち望んでいた3人の音楽活動。今後3人での“CDデビュー”や本格的なライブ開催など、音楽活動での発表が注目される。