秋の長雨が続いた、9月下旬の午後7時過ぎ。1台のタクシーから東京・渋谷の街に降り立ったのは、沢尻エリカ(32)。ネオンカラーのミニンピースにニーハイブーツ、サンローランの黄色のバッグというド派手なファッションだ。芸能人オーラ満開で沢尻が入っていったのは、繁華街にある人気焼き肉店だった――。

 

現在公開中の映画『食べる女』の公開記念舞台挨拶に出席した沢尻は、観客の「どうすれば素敵な女性になれるか」という質問にこう答えていた。

 

「周りに惑わされず、自分らしく生きたいですよね。みなさんも知っていると思いますが、私もいろいろ失敗をしています(笑)。でも、それを乗り越えいろいろやっていくと、人は強くなって輝ける」

 

彼女の言う“失敗”のひとつとは、世間から顰蹙を買った「別に……」発言のことだろう。あれから11年もの月日を経て“自分らしく”を取り戻した沢尻はこの日、冒頭の焼き肉店で4人の美女と結集していたという。

 

「沢尻さんはもちろん、他の4人のモデル風の美女で、みんなド派手なファッションでしたから、すごく華やかでしたね。高級和牛の盛り合わせやお酒が次々と運ばれ、沢尻さんの楽し気な笑い声が響いて来ました」(居合わせた客)

 

約3時間かけて焼き肉女子会を満喫した一行は、午後10時過ぎに店を出た。だが土砂降りの雨のなか、タクシーがなかなかつかまらない。そこで沢尻は自ら颯爽と道路を渡ってタクシーを呼び止めたのだった。そしてタクシーが到着したのは、芸能人も常連の六本木のラウンジ。

 

「“もっと遊べ、大人たち!”というのが店のテーマで、店内もバブル時代を彷彿とさせるゴージャスさ。この日はDJ KOO(57)さんのイベントがありました。沢尻さんたちは個室に入り、夜中の3時になってもまったく帰る気配なく、ワイワイ騒いでいましたよ」(常連客)

 

“エリカ様”全盛期には、菜々緒(29)や佐々木希(30)ら錚々たるメンバーが集う“沢尻会”を主催していたと報じられていた。本誌が見た“リアル沢尻会”は、当時の勢いを思い出させるほどの“イケイケ”ぶりだった――。