10月11日に始まる米倉涼子(43)主演の連ドラ『リーガルV 元弁護士・小鳥遊翔子』(テレビ朝日系)。『ドクターX』の視聴率再来を期待されるだけに現場は「失敗できない」緊迫感があるという。

 

「クランクイン当初は米倉さんですら、初共演の方が多くて緊張していました。それから2週間、今では待ち時間に上司役の高橋英樹さんと談笑したり、自ら音頭を取って弁護士チームでラジオ体操するなど、現場の雰囲気は和やかになってきました」(ドラマ関係者)

 

前作『ドクターX』同様、米倉の美脚が際立つよう、今作でもハイヒールで闊歩する役だとか。

 

「セリフや所作以上に歩き方にも気を使っています。背筋をピンと伸ばし、ふくらはぎの筋肉が張らないよう歩くため、相当疲れるようです。撮影終了後はすぐにスリッパに履き替えています」(同前)

 

来年2月に2人目の子供が誕生する向井理(36)は今作のクールな弁護士役に特に意欲的だそう。

 

「最近は、従来演じなかった悪役に挑むなどして開いた新境地を見せるべく、初共演の米倉さん相手に張り切っています」(スタッフ)

 

米倉は、後輩弁護士役を演じる林遣都(27)のことも実の弟のようにかわいがっているという。

 

「8年前、米倉さんの主演映画『交渉人』で共演して、彼の誕生日を仲間内で祝ってあげて以来の仲。林さんは自分のシーンが終わっても、米倉さんの演技をスタジオの隅で見つめるほど慕っていますね」(前出・ドラマ関係者)

 

9月下旬の深夜0時過ぎ、黒のノースリーブに黒のリブパンツの米倉は都内の会員制バーに入っていった。大きなリング型のイヤリングにローヒールのサンダルを履いていた。テレビ局関係者は言う。

 

「米倉さんも向井さんもこのバーの常連なんです。ここのママは業界では有名で、彼女の結婚式には米倉さんに加え、木村拓哉(45)夫妻、長澤まさみさん(31)らも出席。この日、収録に臨んでいた米倉さんの鶴のひと声で、“深夜の決起集会”が決まったそうです」

 

収録を終えた向井、林らも次々にバーに駆け付けた。

 

「翌日は収録がお休みだったそうで、飲んで親睦を深めながら米倉さんは座長として彼らに『絶対いい作品にしよう!』と発破をかけたそうです。かわいい弟分たちに囲まれ、姉御は終始、上機嫌だったようです」(同前)

 

米倉が向井らに先駆けて笑顔で店から出て来たのは、朝の5時前。この日の「姉御酒」で再度「失敗しない」新ドラ誕生となるか!?