女優の鈴木保奈美(52)が10月2日、都内で7日にスタートするNHK・BSプレミアム連続ドラマ「主婦カツ!」の試写会に出席した。

 

ある日突然、夫から「会社を辞めた」と言い出された鈴木演じる専業主婦・夏子の奮闘を描くドラマ。鈴木は1998年に「とんねるず」の石橋貴明(56)と再婚。翌99年以降は女優業を一度引退し、3人の娘を育てながら約10年間の専業主婦生活を送っていた。

 

各紙によると鈴木は主婦時代を振り返り、「全て大変でしたけど、皆さんがやっていること。のど元を過ぎてしまえば、大変な日々も自分を成長させてくれた」と語ったという。

 

また主婦はタイムスケジュールや家計管理を完璧にこなすことが求められる。それを踏まえ「『私たちって実は凄いよね』という思いは主婦の皆さんお持ちのものだと思います」「主婦は高いスキルを持っていると、ママ友の中では日ごろ言っている」と熱弁したという。

 

「スーパーで食材を買う姿や、主婦をなめきっているアルバイトの採用担当者に反論する姿は演技とは思えないほどのリアリティがありました。主婦経験を存分に発揮できたこともあってか、鈴木さんはかなり楽しそうに現場で過ごしていたそうです」(NHK関係者)

 

8日にスタートするフジテレビ系の月9ドラマ「SUITS/スーツ」では、キャリアウーマンの弁護士事務所の代表弁護士を演じる鈴木。

 

主婦経験を経て着実に演技の幅が広がり、女優業にとってプラスになったようだ。