水原希子(28)が10月14日、自身のTwitterを更新。今後国内の芸能活動は個人事務所・OFFICE KIKOをベースに活動していくと報告した。

 

翌15日に誕生日を迎えるという水原は「誕生日という新たな一年を迎えるにあたりみなさまにご報告があります」と切り出し、昨年の誕生日に個人事務所・株式会社KIKO(通称OFFICE KIKO)を設立したと報告。その理由について「私の芸能活動が国内だけでなく海外での展開が増えた」と説明し、現在は各国それぞれのエージェントとパートナーシップを組む形に切り替えていると明かした。

 

今月1日から、OFFICE KIKOに所属し活動しているという水原。「より一層精進し活動を続けさせて頂きます」と意気込んでいる。

 

水原の新たな門出に、Twitterでは《事務所独立したんだ!最強womanになってほしい》《いつもかっこいい。応援してます》《これからも様々な分野での活動から目が離せませんね》といったエールが上がっている。

 

今回の独立には、水原の“縛られない”というスタンスが影響しているようだ。

 

「水原さんは同世代から、自立した女性として支持を集めています。近年は社会問題についても意見を口にし、支持層が拡大。恋愛についてもオープンで、独立によりしがらみを気にする必要もなくなりましたね。これからはいっそう自由な言動に期待ができそうです」

 

アパレルブランド“OK”のプロデュースにも精を出す水原。自立した女性の代表として、ますます注目を集めるだろう。