人気バンド・チェッカーズの元メンバーの武内享(56)、大土井裕二(55)、藤井尚之(53)のバンド「アブラーズ」が10月24日、大阪市内で結成15周年記念ライブを行ったと一部メディアが報じた。

 

記事によると、ライブには藤井フミヤ(56)がゲスト出演。今年は、チェッカーズのデビューから35周年という節目の年。4人は思い出話に花を咲かせたという。

 

「アブラーズはもともと武内さん、大土井さん、尚之さんに加え、04年に舌がんで亡くなったクロベエこと徳永善也さんもメンバーでした。チェッカーズデビュー20周年の03年から本格的に活動を行う計画でしたが、徳永さんの舌がんが発覚。徳永さんは志半ばで亡くなりました」(レコード会社関係者)

 

24日にステージに集った4人以外のメンバーは、高杢禎彦(56)と鶴久政治(54)。しかしフミヤが「クロベエを送る会」の発起人から高杢と鶴久政治を外したことで、メンバーは完全にフミヤ派と高杢派に分裂。確執が明らかとなった。その件が、現在までチェッカーズが再結成されていない原因といわれている。

 

「高杢さんが03年に発売した著書『チェッカーズ』(新潮社)はまるで暴露本で、そのことがフミヤさんの逆鱗に触れたといわれています。しかし昨年のライブ後にフミヤさんは再結成とはいかない理由として“徳永さんの不在”をあげました。また今年8月、高杢さんがテレビ出演。その際に再結成はまんざらでもない様子でしたが、『1人亡くなっていますから……それが一番キツい』と胸中を吐露しています。逆をいえばフミヤさんと高杢さんの2人で話し合って徳永さんの件をクリアできれば、再結成の可能性もゼロではなさそうです」(音楽業界関係者)

 

35周年での再結成の話はまだ浮上していないが……。5年後の40周年にはぜひとも実現してほしいものだ。