元SMAPで俳優の稲垣吾郎(44)が10月30日、「第31回東京国際映画祭」コンペティション部門に出品された主演映画「半世界」(阪本順治監督、来年2月公開)の会見に出席。ワールドプレミアで舞台あいさつを行った。

 

40歳を目前に、人生の折り返し地点を迎えた男たちの葛藤と友情を描いたヒューマンドラマ。各スポーツ紙などによると、会見で稲垣は「国際映画祭は憧れだった。夢のよう」と喜びだったという。

 

また昨年9月に独立した稲垣は「男の友情や絆」について聞かれ、草なぎ剛(44)と香取慎吾(41)の名前をあげた。「そういう絆は僕らにもある。2人にも早く(映画を)見てほしい」と笑顔で話したという。

 

「稲垣さんは劇中で、山中で備長炭を作る主人公を演じています。チェーンソーで木を伐採したり、頭にタオルを巻きながらみかんを食べたり。これまで都会的でスタイリッシュな役柄が多かった稲垣さんが、新境地を開拓しているのです。それもあってか、彼は『自分でも見たことがない自分がスクリーンに現れる。この作品に巡り合えたことは幸せ』と感慨深げでした」(取材記者)

 

稲垣の脇を固めるのは長谷川博己(41)、渋川清彦(44)、池脇千鶴(36)ら演技派の役者陣。阪本監督独特の世界観で、重厚な人間ドラマが描かれている。そのため、快挙にも期待が高まっているようだ。

 

「東京国際映画祭で日本映画がグランプリを受賞したのは、05年の『雪に願うこと』(根岸吉太郎監督)。ただ今回は上映した際の反応がかなり良かったみたいで、期待が高まっています。快挙もありえるのではないでしょうか」(映画業界関係者)

 

グランプリ発表の11月2日、戴冠して満面の笑みを浮かべる稲垣が見られるかもしれない。