熊田曜子(36)が11月4日、「3人育児」というタイトルのブログ記事を更新。そこには、3人の子どもたちを連れて児童館へ行った際の話が綴られている。

 

熊田が向かったのは、遊べる人数の限られている児童館。そのため3人の子供たちとともに、入館まで待機していた。いよいよ入場となったが、児童館のスタッフは「お子さんは3人ですか?大人1名につき、子供2名までなので入れません」と入場を断ったという。

 

「5歳、3歳、4ヶ月の子供がいて、今日は私1人なのですが……」と伝えると、スタッフは「大人1人につき子供2人なので、申し訳ありません」と返答。さらに熊田は「私が4ヶ月の赤ちゃんをずっと抱っこ紐で抱っこをしていているので、抱っこしながら上の子達をみるのはどうですか?」と提案したものの、許可は下りなかった。

 

「完全に私のミスです。やってしまった」と後悔を綴った熊田。いっぽうで“3人育児”の厳しさについてこう明かしている。

 

「子供が3人になると 子供が小さなうちは大人1人の付き添いでは飛行機に乗れないとか 5人家族になると宿泊できるホテルの部屋が少なくなるとか 3人のお子さんがいる先輩ママに聞いたことがありましたが まさか児童館に入れなくなるとは思ってもみませんでした」

 

ネットでは児童館の対応について「仕方ない」としつつ、熊田に同情の声が上がっている。

 

《こどもの一人が外に出たとか、お友達に怪我させたとか、だれかに連れていかれたとかあるかもしれないし……そういうことを危惧して人数制限を設けてるのかもしれない。みんなでこどもを守ったり遊んだりできるのが理想だけれど……》
《確かに三人とも目を離さずっていうのは難しいですもんね。一番下がいくつまでなら……みたいな特例を付けるのもややこしいし》
《区立の児童館で保護者ひとりにつき乳幼児○人までって定められているとは思わないよ。大人は規則なら仕方ないって諦めつくけど子どもは……。知らないで来ちゃった親子のためのフリースペースを作ってあげてほしい》

 

また日本の現状に対し「3人育児に厳しいのでは?」といった声も

 

《この施設がどうなの?というより3人以上育児してる人が安心して遊べる場所がもっと必要だって問題提起だと感じました》
《子どもが複数いるお母さんこそ、児童館に行きたいよね》
《3人以上子育てをしているママたちはもっと色々な所でも苦労なさっているのでしょう。もちろん、施設利用のルールはあって当然。子沢山ママたちを救える施設があってもいいのでは?》