「お疲れさまでした~」

 

そう言い残し劇場を去る女性のお腹は大きく膨らんでいる。ニット帽とマスクの間からキリッとした鼻筋をのぞかせるその女性は、上原多香子(35)だった――。

 

上原との再婚を10月10日に発表したコウカズヤ(41)が脚本・演出を務める劇団「Buzz Fest Theater」。その第8回本公演『黴-かび-』が、10月31日から中野区の小劇場で上演されている。公演初日、出産を12月に控える上原も、妊婦姿で劇場に顔を出していたのだ。

 

再婚&妊娠発表直後の上演となった『黴』という作品、いったいどのような内容だったのか。公演を観た男性はこう語る。

 

「11月11日まで上演が続くので詳しくは話せませんが……。今回の作品は上原さんの“過去”を思い起こさせる設定で、非常に驚きました。まず冒頭、主人公の青年が男の子をひき殺してしまうシーンから始まります。青年は狼狽しますが、助手席に乗っていた母親が『証拠なんてなんにもないんだから』と説得し、死体を放置して逃げてしまうのです。本編は、ひき逃げの時効があと1カ月に迫る7年後の話です」

 

7年前のひき逃げ事件をひた隠しにして生きる主人公――。上原といえば、’14年に当時の夫・ヒップホップグループ「ET-KING」のTENNさん(享年35)が自死。告別式では上原も号泣していた。しかし’17年になって遺族がTENNさんの遺書を公開。そこには上原と俳優・阿部力(36)の不倫という、自死の真相が明かされていた。

 

TENNさんの自死から3年もの間、その原因となった自身の不倫を隠して芸能活動を続けていた上原。『黴』の主人公は、そんな上原の境遇を思わせる。

 

コウは上原との再婚をSNSで発表した際に《誰が何と言おうと、僕は妻と産まれてくる子供を守りたいと思っております!》《もしも家族に、他者からの攻撃が降りかかることがあれば全力で僕が盾になります!》と宣言していた。

 

「コウさんがこの文章を発表したところ、ネット上では《全然祝えない》《亡くなられた元旦那さんとご遺族に言えますか?》などと猛バッシングが巻き起こりました。コウさんの『黴』は、そんな批判に対する“逆襲”なのかもしれません。『黴』の主人公は、罪がバレてしまう恐怖と、被害者やその家族への罪悪感にさいなまれます。同じように上原も、苦しみ、葛藤し続けていた――。コウさんは作品を通じて、そう訴えようとしたのではないでしょうか。『心に生えたカビ』『十字架を背負わされた』といった意味深なセリフの数々にも、そのメッセージがこめられているのでしょう」(演劇関係者)

 

上原は終演後、観劇に招待した友人2人と談笑しながら居酒屋へ。新しい家族の誕生を心待ちにするような笑顔を見せていた上原。彼女は夫の舞台から何を感じたのか――。