熊田曜子(36)が自身のブログで今月4日、東京都墨田区内の児童館に子どもを3人連れて行った際に入場できなかったと告白。ネット上で大論争に発展している。

 

熊田には5歳・3歳・4か月の子供がいる。3人を連れて児童館を訪れたところ、区の職員から「お子さんは3人ですか?大人1名につき、子供2名までなので入れません」と入館を断られたという。

 

「まさか、そんな決まりがあったなんて。完全に私のミスです」「これからは初めての児童館に行く時も事前に大人1人で子供3人連れでもOKかどうか確認するべきですね」とつづった熊田。しかし本人よりも、ネットユーザーたちがヒートアップしてしまった。

 

「『お役所仕事』『融通が利かない』『少子化が進む』など、職員に対して怒りを露わにする声が多くあがりました。そのいっぽうで『ルールはルール。いちいち報告する話でもない』『自分が確認してなかったくせに、SNSで同情を買おうとするな』『炎上商法』など、熊田さんに対する批判も寄せられています」(芸能記者)

 

思わぬ騒動に発展したが、熊田は6日にブログを更新。「ネットニュースを見たら、自分が伝えたい意図とは違う表現をされているものもあったので」として、情報番組にVTR出演することを告知。6日にテレビ朝日系「モーニングショー」とフジテレビ系「とくダネ!」、7日に日本テレビ「スッキリ!」でブログに書き込んだ意図やほかの児童館では3人子ども連れで利用していたことなどを明かした。

 

そんな意外な波紋を呼んだ今回の発言だが、テレビ局関係者は「熊田さんは株を上げた」と評価する。

 

「どうでもいい書き込みで炎上するママタレが多いなか、熊田さんは確実に社会に対して問題提起をした。これには、高い評価の声が上がっています。ママタレとしての株を上げたことで、同じママタレにとっては脅威となりそう。バラエティ路線だけでなく、コメンテーターの仕事が舞い込む可能性もあるかもしれません」(テレビ局関係者)