「親方時代は寡黙なイメージでしたが、『仕事があれば出かけるが、仕事らしい仕事はない』『(退職騒動時は)外に記者がいるから家でずっとドラマを見ていた』とぶっちゃけトークを連発。注目している女優に石原さとみさん(31)の名前を挙げるなど、茶目っ気あふれる姿に好感度が急上昇しています。そのうえ歌声も披露するなど、高いバラエティ力を見せていました。そんな姿を見て、テレビ局からオファーが殺到しています」(テレビ局関係者)

 

10月29日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演した元・貴乃花親方こと花田光司氏(46)。相撲協会を退職してから初めてのバラエティ番組出演は、15.2%を記録。驚きの高視聴率を叩き出した花田氏に、テレビ各局が秋波を送っているという。

 

「花田氏は親方を辞めたことで、スポーツ選手からタレント扱いになりました。一般的に、タレント枠はスポーツ枠よりもギャラが高いとされています。今回の『しゃべくり』の出演料も現役時代をはるかに上回る150万円ほどだったそうです」(前出・テレビ局関係者)

 

そんな花田氏の市場価値をさらに押し上げるのが、妻である花田景子さん(54)の存在だ。

 

「各局はこぞって、花田さんと景子さんとの夫婦ツーショット出演を狙っています。実は今回の退職により、景子さんの人気も大きく跳ね上がりました。息子の花田優一さん(23)のブログに彼女が登場すると、アクセス数が一気に伸びるほどです。最後まで夫を信じて支え続けた姿に、感銘を受ける女性が急増しているのでしょう。そんな2人が共演するとなると、今回以上の高視聴率が期待されます。そのため、ギャラを250万~300万支払っても安いくらいです」(前出・テレビ局関係者)

 

なかには、長らく絶縁状態と報道されている兄・花田虎上氏(47)や母・藤田紀子さん(71)との“電撃和解”を画策する局まであるという。

 

「虎上さんと紀子さんも花田氏との関係修復に前向きな姿勢を見せています。あとは花田氏の気持ち次第ですが、実現するのはかなりハードルが高いでしょう。しかし、夫妻と蜜月な関係になれば、将来的にそうした夢プランも考えられますからね。そのため、“キー局が出せる最高水準”といわれる500万円のギャラを提示する動きもあるようです」(番組制作関係者)

 

花田氏が相撲界を去って2カ月弱。テレビ界の“横綱”となる日はすぐそこかもしれない――。