出川哲朗(54)が11月12日、ニチガスの新CM発表会に出席。イベント内で「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)の「やらせ」疑惑について言及した。

 

同番組は7日、文春オンラインにてラオスで架空の祭りをでっち上げたと報じられていた。番組サイドは報道について否定しているが、ネットでは厳しい意見が飛び交っている。

 

イベント終わりに今回の騒動について質問を受けた出川。困惑した表情を見せ舞台袖へと下がったが、再び姿を現した。

 

各スポーツ紙によると出川は苦しげな表情を見せながらも「チームもスタッフも純粋に面白いものを作りたいという思いだけでやっている」と番組の制作スタイルについて明かしたという。

 

「いざ海外とか行くと熱湯って聞いていてもぬるい温泉とかもあるんですよ。それでも行ったら頑張ってやらなければならない」

 

そう語り、出川は再び舞台袖へと下がった。

 

一度は下がったものの、再び現れてまで自身の思いを口にした出川。その誠実さに、ネットでは賞賛の声が上がっている。

 

《出川さん誠実ですよね。わざわざ戻って記者の質問に真摯に答えるところが好感もてます》
《真面目やね。ちょっとホッコリする》
《自分が出てる番組のこと悪くは言えないよね……彼なりの優しさというかフォローしてるよね》

 

またリアクション芸人の苦悩を明かしたことについて、気遣いの声も。

 

《何か心にくるな リアクション芸って大変なんだな……》
《出川クラスの芸人さんなら ロケのセットで何か空気は読めるでしょうね。それでもしっかりと結果は出す、だから出川はスゴい》

 

11日、「やらせ」報道後初となる放送となった「イッテQ」。しかし報道には触れず、またテロップによる説明もなかった。