11月25日放送のフジテレビ系情報番組「ワイドナショー」で、松本人志(55)が大塚愛(36)とSU(45)の離婚報道について言及した。

 

大塚とSUは10年6月に結婚し、翌年3月には女児が誕生。だが昨年4月にSUがモデルとの不倫交際疑惑を週刊誌に報じられ、今月22日に大塚が離婚を発表していた。

 

松本は以前、準レギュラーとして番組に出演していたSUについて「この番組もちょいちょい来てもらってね。人の不倫について意気揚々としゃべっていった」と指摘。さらに「不倫してて、この番組出て座っているっていうのはすごい怖いことですよ」と話し、再出演の可能性について「ギャラ3倍払っても来ないと思うよ」と断言した。

 

「出演者にどんどん不幸が降り掛かっていったことで一時期、ネット上で『ワイドナショーの呪い』という言葉が話題になりました。元プロ野球選手の清原和博氏が薬物事件で逮捕され、作家の乙武洋匡氏が不倫スキャンダルで大バッシング。元アシスタントMCの同局の秋元優里アナは不倫スキャンダルが発覚し、全番組を降板。メインMCの東野幸治も手を負傷するなど、なぜかトラブルが後を絶たないのです」(芸能記者)

 

不倫や逮捕は自業自得だが……SUが離婚してしまったこともあり、改めて注目を浴びそうだ。

関連タグ: