11月29日、Youtuberカジサックとして活動している笑いコンビ・キングコングの梶原雄太(38)のYoutube『カジサックの部屋』の登録者数が50万人を突破した。

 

「2019年の年末までに100万人を達成しないと芸人を引退する」と公約し、10月1日よりYoutuberカジサックとして活動をスタートさせた梶原。わずか2カ月足らずで登録者数50万人を達成した。

 

チャンネル開設時より右肩上がりで登録者数を伸ばしている梶原は、11月19日には自身のTwitterで「うぉぉぉぉ!!! 45万人突破ぁぁぁぁ!!!チャンネル開設1ヶ月と19日 誰がこの状況を予想しましたか?? 僕も予想できてなかったです。。 大〜〜〜〜〜〜感謝!!! 泣いてやろうか。。」と感謝を伝えていた。そして、わずか10日後の29日に50万人を達成し、「50万人突破ぁぁ!!!! 皆様本当にありがとうございます!! 」と喜びの報告した。

 

11月30日現在60件の動画を配信。総再生回数は2,500万回を超えている。配信内容はカジサック家族編、芸人さんとコラボ編などシリーズ化。中でも梶原の同期との対談シリーズは人気を博している。

 

NONSTYLE石田やピースの又吉などとも共演しているなか、『同期の南海キャンディーズ山ちゃんとガチンコトーク』は公開から1カ月で210万回の再生数となっている。

 

これに対してファンからは「おめでとうございます!!100万人行けるような気がしてきました」「こんなに早く半分行くとは思ってなかったので、すごく嬉しいです!! これからも、頑張って下さい!!」「期待以上におもろいです(笑)まだまだ通過点!どんどん伸ばしちゃいましょ!」など、期待を裏切るほどの番組のクオリティーと登録者数の増加に喜びのコメントが相次いでいる。