男性デュオのコブクロが11月30日放送のテレビ朝日系音楽番組『ミュージックステーション』に生出演。欅坂46のデビュー曲「サイレントマジョリティー」をアコースティックバージョンでカバーし、「かっこいい!」と反響を呼んでいる。

 

この日の放送では、名曲カバーメドレーとして出演者によるカバーが披露された。小渕は「欅坂さんのコンサートを観させていただいて、パンクバンドがメッセージを伝えるような勇気が突き刺さりまして、好きで歌っていたんですけど」とふだんから「サイレントマジョリティー」がお気に入りの歌であることを告白。

 

つづけて「せっかく2人でやるなら新しいことやろうよってことで、いろんな曲を歌ってみたらこれが一番盛り上がったんです」とカバーの経緯を明かし、黒田もうなずきながら「すんごい難しいんです、この歌」と付け加えた。

 

本番では、コブクロらしくアコースティックギター演奏で力強くカバー。エンディングで小渕が「本番だけ初めてできました」と語るほど、その難易度は高かったようだ。ネットでは「さすがコブクロ」「渋くてクソカッコイイ」「鳥肌やばかった」と大反響を呼び、ツイッターでは「サイレントマジョリティー」がトレンド入りした。