市川海老蔵(40)が織田裕二(50)主演のフジテレビ系月9ドラマ「SUITS/スーツ」で12月10・17日放送分に出演することを、各スポーツ紙が報じた。

 

海老蔵が現代ドラマに出演するのは、2014年以来4年ぶり。月9への出演はら今回が初めてとなる。各紙によると海老蔵が演じるのは、最高検察庁のエリート検事。織田演じる弁護士・甲斐正午の検事時代の後輩で、ある秘密を調べるため甲斐に近づくキーパーソンとなるという。海老蔵の検事役も今回が初めてだ。

 

もともと海老蔵が同ドラマに出演するきっかけとなったのは今年10月、ドラマの初回放送のブログへの書き込み。海老蔵が〈織田裕二さんと鈴木保奈美さんの御二方が我々世代にはたまらない、通行人でも出たいな〉とつづったところ、プロデューサーの目に留まり出演が決定したというのだ。

 

「ここ数年、月9は視聴率が芳しくありません。そのため役者陣の“月9離れ”が進み、出演オファーも簡単ではなくなっています。そこへ話題性たっぷりの海老蔵から“逆オファー”があっとなっては、出演させない理由はありませんよ。海老蔵さんならブログでたっぷりと宣伝もしてくれるでしょうし」(フジテレビ関係者)

 

初回の平均視聴率は14.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)でスタート。第6話と第7話が連続して1ケタに落ち込んだものの、第8話は10.5%で2ケタに戻した。

 

「このところ、フジは年間視聴率4位が“定位置”になってしまいました。当面の目標は3位のTBSを抜くこと。今年はまだ全日帯なら3位の可能性があるので、視聴率でテコ入れできる番組があるか精査しています。そこで『SUITS/スーツ』に目を付け、海老蔵さんを“起爆剤”として投入したのでしょう」(放送担当記者)

 

海老蔵投入の効果や、いかに?