雨上がり決死隊がMCを務めるトーク番組『アメトーーク!』(テレビ朝日系)。秋の名物コーナーと言えば、光浦靖子(47)やオードリーの若林正恭(40)が出演する「読書芸人」だ。

 

昨年まで4回にわたり放送され、本好きの視聴者、書店、出版社から大反響だったこの企画。昨年はメイプル超合金のカズレーザー(34)が紹介した眉村卓『妻に捧げた1778話』(新潮新書)が大ヒットに。’04年の刊行にもかかわらず、番組放送直後に20万部も増刷された。

 

’16年、’17年と2年連続で11月に放送された「読書芸人」。しかし今年は12月に入ってもいまだに放送も予告もない。

 

Twitter上では《今年アメトークの読書芸人やらないのかな》《読書の秋終わっちゃいますが、今からでも……》と落胆の声が上がっている。

 

そこで、テレビ朝日の『アメトーーク!』担当者に、今後の放送予定を聞いてみた。

 

「例年、反響の大きさは感じているのですが……。今年は『読書芸人』の放送予定はありません。年明け以降のラインナップにも、現状では入っていません」(番組担当者)

 

本好きからは絶大な支持を受けている企画だが、視聴率が振るわなかったのだろうか?

 

「いえ、今年はほかにも企画が詰まっていて『読書芸人』を放送することができなかったんです。今後も、この企画がラインアップに上がってくることはあると思います」(前出・番組担当者)

 

この秋はいったんお休みとなった「読書芸人」。きっとパワーアップして帰ってくるだろう。