今年9月、覚せい剤取締法違反(使用)の罪に問われた三田佳子(77)の次男・高橋祐也被告(39)。その判決公判が12月13日に東京地裁で開かれ、懲役2年6カ月・保護観察付き執行猶予5年(求刑懲役2年6カ月)の判決が言い渡された。

 

各メディアによると、東京地裁は「(高橋被告が)寂しさや不安から逃れるために使用するなどした動機に酌むべき事情はない」と指摘。一方で「専門施設に入所するなどして、二度と覚せい剤に手を出さないと述べている」と、執行猶予付き判決を下したという。

 

「高橋被告は08年に薬物事犯で実刑判決を受け、収監されていました。それだけに、今回は執行猶予が付くか微妙なラインでした。しかし更生を期待する裁判官の人情もあったのか、保護観察付きの執行猶予という実刑一歩手前の判決となりました」(司法担当記者)

 

判決日から2週間以内に高橋被告や検察側からの控訴がない場合、判決が確定する。だが今後も不安材料は少なくない。

 

「今後もお金目当てで悪い仲間が群がってくるでしょう。おまけに高橋被告が薬物の入手先を警察に話したことで逮捕者が出ており、その“報復”の恐れもあります。東京以外の地方に隔離して更生させることになりそうです」(芸能記者)

 

高橋被告を更生させるため、家族の苦悩の日々は続きそうだ。