ドラマ「ちょうどいいブスのススメ」改名後も非難殺到の理由

来年1月からスタートするドラマ「ちょうどいいブスのススメ」(日本テレビ系)が、タイトルを「人生が楽しくなる幸せの法則」に改めた。

 

相席スタートの山崎ケイ(36)が原作をてがける「ちょうどいいブスのススメ」。放送が告知されるとすぐ、タイトルを疑問視する声が上がっていた。

 

さらに「ちょうどいいブスのススメ」のホームページでは、登場する3名の女性キャラクターについて「共通しているのは、全員が何かしらの生きづらさを抱えていること。つまり『現在、イケてない女子』であること」といった説明が。また「いい恋愛をし、ライフスタイルを向上させ、幸せをググっと手繰り寄せる」「モテない美人よりモテるブス!」といった台詞も並んでいた。

 

そうしたことから、「“ちょうどいい”というのは男性にとって“ちょうどいい”だけでは?」と非難の声が上がっていた。

 

各メディアによると制作を務める読売テレビは12月21日、「人生が楽しくなる幸せの法則」への改名について「視聴者の方々に、ドラマの内容を理解していただくために、ダイレクトに、より良い、より楽しい積極的な生き方を提案するドラマのコンセプトをあらわした」と説明しているという。

 

しかしタイトルが変わっただけで、原作は同じ。さらに、内容に変更点があるとはアナウンスされていない。Twitterでは改めて、女性たちが声を上げている。

 

《炎上したんでとりあえず火消ししとくか、仕方ねぇな。」っていう何も理解してないオッサン達の声が聞こえてくるよ。どこまでもバカにしてんな、女を》
《へぇ「酔ったらヤれる」って男に舐められるのを「モテ」と提唱している「ちょうどいいブス」になったら「人生が楽しくなる幸せの魔法」がかかるんですか?》
《女の自尊心削る「幸せ」なんざ、くそくらえだわ!!!! なんっもわかってねーじゃねーか!!!!》

 

止まらぬ非難の声。その理由について、テレビ局関係者はこう指摘する。

 

「炎上したときにしてはいけないこと、それは中途半端な対応をすることです。タイトルだけ変えればやりすごせると考えるところに、局側のズレを感じざるを得ません。非難の対象はタイトルだけでなく、“男性の価値観に合わせることでやっと女性が幸せになれる”と感じさせるテーマそのものにもあります。なのに『幸せの法則』と改名するのは、むしろ逆効果なのではないでしょうか」

関連カテゴリー: