欅坂46平手は紅白本番も欠席へ 代理センターは小林由依

12月29日、東京・渋谷のNHKホールで欅坂46が『第69回NHK紅白歌合戦』(NHK総合)のリハーサルを行った。

 

12月21日にケガによる治療のためしばらく治療に専念することが発表されていた平手友梨奈(17)の姿はなく、代理センターを小林由依(19)が務めた。激しいダンスが目玉の「ガラスを割れ」を本番さながらの熱気で披露し、記者席はどよめきに包まれていた。

 

その後行われた囲み取材で、キャプテンの菅井友香(23)は本番にも平手が出場しないことを発表。小林は「ずっと平手がやってきたので、自分で大丈夫かなという部分はある」と心境を明かすも、「メンバーと一緒に平手の分まで頑張りたい」と意気込みを見せた。土生瑞穂(21)はそんな小林へ「ゆいぽん(小林)は、普段からダンスが上手。レッスンの時から見入ってしまうほど」とエールを送っていた。