コント番組「笑う犬」シリーズで人気を博した、内村光良(54)扮するキャラクター・ミル姉さんが12月31日の「第69回NHK紅白歌合戦」(NHK総合)に生出演。大きな反響を呼んでいる。

 

ミル姉さんはタバコやアルコール片手に、甘い声でささやくというメス牛のキャラクター。今回はいきものがかりのステージに映像として、さらにAKB48のパフォーマンスで生姿を現した。

 

また直後に更新された、内村が座長を務めるコント番組「LIFE!」(同局)の公式Twitterにもミル姉さんは登場。「お久しぶり。ミル姉さんよ」と挨拶し、「紅白出ちゃった、アタシ。ビックリした?フジテレビのね、エラい人が出ていいって言ってくれたの」と出演の経緯を明かした。

 

いっぽう内村の相方である南原清隆(53)も1月1日に放送された「ネタパレ元旦!売れっ子だらけのネタSP」(フジテレビ系)で、同じく「笑う犬」シリーズの人気グループ・はっぱ隊を特別編成で復活させていた。

 

Twitterでは、人気キャラの続々復活に喜びの声が上がっている。

 

《ミル姉さんも出るしはっぱ隊も出るし、平成最後の笑う犬振り返りみたいね。笑う犬シリーズはずっと好きだったから嬉しい》
《年を跨いでこの二つの笑う犬ネタを違う局で復活させるというウンナンの心意気》
《平成最後に笑う犬も一夜限りの復活しないかなぁ~》

 

「笑う犬は平成で一時代を築いた人気コント番組。電撃的なキャラ復活の反響は相当なもの。『LIFE!』のTwitter上にアップされたミル姉さんの動画は、1日足らずで52万回近い再生回数を記録しました。内村さんは近年コントに熱を入れていますし、平成最後に“笑う犬復活”というのも十分考えられるでしょう」(テレビ局関係者)