滝沢カレンの初冠番組が大評判!質問力絶賛で続編希望の嵐

滝沢カレン(26)の初冠番組となる「滝沢カレンのわかるまで教えて下さい!」(テレビ東京系)が1月2日に放送された。その番組内容が大きな反響を呼んでいる。

 

同番組は新しい知識や今さら聞けない常識について、滝沢が理解できるまで学んでいくというもの。正月については岩下尚史(57)、ボクシングについては具志堅用高(63)、消費税については村尾信尚(63)、講談については神田松之丞(35)を“先生”として招いた。

 

滝沢は番組内で、変わらずの“滝沢節”を披露していた。

 

消費税について「ヒョウシゼイ」と繰り返し発音してしまういっぽうで、「100円のものを買ったら108円出すのは、いいですいいです、って感じなんですけど」とコメント。さらに「10万円のものを買ったときにそもそも10万円も払うっていう決意がある」「全然自分の計画と違う。あのイヤな気持ちをどうにかしたい」と高額商品の消費税について反対していた。

 

さらに神田が落語を実演した際、突然役になりきる神田に驚き「えーすごーい、いきなり入れるんだ」と大きな声でひとり言を漏らした滝沢。「あんまり喋んないでもらえますか?」とツッコまれる一幕もあった。

 

いっぽう滝沢の質問力が光る場面もあった。

 

例えば正月について学んでいる際、神社ではお賽銭の代わりに祝詞をあげてもらうという岩下に「いくら払ってるんですか」「1年で何十万円もいくんですか」と素直に質問。また正月の古風な様式にこだわる岩下に「新しいお正月を迎える気は無いんですか」と新しい形式を求めないのかと問いただすと、「変えちゃうとよりどころがなくなるから不安」との返答が。すると滝沢は「それだけで言ってるんですか?」と素朴な質問を口にし、岩下がしどろもどろになる場面も。

 

さらに滝沢は神田からのレクチャーの際、講談で使う“張り扇”を見て「毛みたいなのが出てきてるのは何でですか?」と質問。すると張り扇は特殊な和紙で作られている上に、実は神田によるお手製のものだという情報も引き出していた。

 

疑問に思ったことを素直に質問する滝沢。Twitterではその質問力を讃える声が上がっている。

 

《博識な先生の方から一方的に教えてくださるのもいいですが、素朴かつフォークボール的な疑問を大胆にぶつけていくスタイルもいいですね》

《滝沢カレンが疑問を挟むところが突拍子がないように見えて、どこか本質的だから面白い》

《めっちゃ楽しいなー 滝沢カレンさんがすこーんと素直に疑問言ってくれるから》

 

またそんな滝沢に向き合ってくれる、“先生”たちを絶賛する声も上がっている。

 

《自分が分からないことを物怖じせずに訊き続けられる滝沢カレンの素直さは素晴らしい。どんなに斜め上の質問がきても辛抱強く応える先生方も素晴らしい》

《各々の先生の解説力だけでなく、忍耐力や人格、器の大きさまでもが浮き彫りにされている》

《おもしろいのに頭は良くなる不思議な番組でした》

 

すでに《滝沢カレンのわかるまで教えてくださいは、夜中でなくて、日中の皆が見られる時間に放送するべきよ》《是非ともレギュラー化してほしい》と続編を希望する声も上がっている同番組。2019年も、滝沢人気は加速しそうだ。

関連カテゴリー: