オードリーの春日俊彰(39)が昨年12月28日発売の「ちゃお」2月号に登場。その意外な組み合わせが、ネットで大きな話題を呼んでいる。

 

「ちゃお」といえば、77年から40年以上続く歴史ある少女誌。小学生の女子を対象にした同誌と春日は一見、無関係のように見えるがーー。

 

登場するのは「ケチケチは貯金箱を救う!!!」という特集。そのなかで春日は、独自の節約術を少女たちに伝授している。

 

「ケチキャラで名高い春日さん。昨年11月に放送された『スクール革命』(日本テレビ系)では、仲のいい芸人・中川パラダイスさん(37)からあるエピソードを暴露されていました。2人でリス園に行った際、モルモットに10分100円で触れ合えるコーナーを発見。しかし春日さんは『100円は高い』と猛反発し、さらに『5分50円で』と交渉していたそうです。もちろん、断られていたそうですが……」(テレビ局関係者)

 

そんな春日が「ちゃお」の特集内で掲げるのは、“作れるモノは作れ!!”“モノの命が消えるまで使え!!”“頭を使え!!”といった「ケチケチ三か条」。赤ちゃんのおしりふきで体を拭いたら光熱費の節約になるといったことや、レストランの換気扇から漂う匂いでご飯を食べる“ダクト飯”を紹介している。

 

その過激な節約術には《ちゃおの読者層にまったく寄せず、いつもどおりの節約術を披露する春日さん》《春日の節約術は常軌を逸している》といった声がネットで上がっている。

 

いっぽう「ちゃお」の紙面で見る春日について「溶け込んでいる!」「違和感がない!」といった声も上がっていた。

 

《春日さんはマスコットキャラやからちゃおに居てもなんら不思議ではないんですよね》
《コミック風のデフォルメが効いた容姿をしているせいか、違和感というほどの違和感がなく、でも冷静になるとやっぱりおかしい》
《若林研究員「今日の激レアさんは『周りが引く位ドケチを突き詰めたら、少女漫画雑誌で特集が組まれたお笑い芸人』です」》

 

またその前月号ではデヴィ夫人が登場し、「レディーのこころえ」を指南していた同誌。ネットでは「2号続けて攻めてる!」といった声も。

 

《デヴィ夫人にオードリーの春日にと攻めててやばい(褒めてる》
《少女漫画雑誌がなにを目指しているのかいよいよわからないと感じるのは私がもう少女ではないからなのだろか》
《ちゃお凄いぞ。どんどん攻めてほしい》

 

次はどんな芸能人が登場するだろう?