沢村一樹 遅咲きのブレーク「いつの間にか視聴率俳優」と話題

沢村一樹(51)主演で1月10日にスタートしたテレビ朝日系「刑事ゼロ」(木曜午後8時)。初回2時間SPは平均視聴率14.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

 

各スポーツ紙によると同局の「木曜ミステリー枠」新シリーズ初回では、歴代最高の視聴率を記録したという。

 

「沢村さんが演じるのは優秀な刑事だったものの、転落事故に遭って刑事としての記憶を喪失した主人公。それでも五感と優れた洞察力を活かし、以前とは異なるアプローチで事件の謎に迫っていきます。沢村さんといえばイケメンにもかかわらず、コミカルなキャラ・エロ男爵がおなじみ。しかし今回のドラマでは、硬軟自在な演技力が存分に発揮されています」(テレビ局関係者)

 

40代に入ってからドラマ初主演を演じるなど、俳優としては遅咲きだった沢村。今作がこのまま好調を維持すれば、代表作と呼べる作品になりそうだ。

 

「沢村さんといえば、すでにテレビ朝日系でシリーズ化されている『DOCTORS~最強の名医~』が代表作。医療ドラマと刑事ドラマでそれぞれ代表作を抱える俳優はいないだけに、貴重な存在。いつの間にか視聴率俳優の仲間入りを果たしていると話題になっています」(前出・テレビ局関係者)

 

今後、「刑事ゼロ」がどこまで数字を伸ばすかが注目される。

関連カテゴリー: