百恵さんの還暦誕生日 友和が2200円の夫婦割デート選んだ理由

「夫婦割で2枚、お願いします」

 

映画館のチケット売り場で、こう口にした三浦友和(66)。隣にそっと寄り添うのは、妻の百恵さん(60)だ。友和が財布から“夫婦割”の料金2,200円を取り出しチケットを受け取ると、百恵さんと2人で館内に消えていった――。

 

実はこの1月17日は、百恵さんの60歳の誕生日だった。

 

「友和さんは、百恵さんの誕生日とその前日の2日間、オフを取ったそうです。かなり前からスケジュールを調整していたみたいで、この2日間をどうしても百恵さんのための特別な日にしてあげたかったのでしょう」(三浦家の知人)

 

百恵さんにとって“60歳”という年齢には特別な意味がある、と友和は今年1月の本誌のインタビューでこう明かしている。

 

《60歳は、妻にとっては母親が亡くなった年齢でもあります。それだけに60歳への思いが強いのか、すごく重く捉えているようです。誕生日には何かしてあげようと思っています。息子たちもそのつもりでいるようです》(19年1月1日・8日合併号)

 

亡き母の享年と同じ年齢になる誕生日。還暦を無邪気に喜べない百恵さんを少しでも明るく祝ってあげたいと、友和はデートに連れ出したに違いない。

 

とはいえ2,200円の映画デートは、“還暦祝い”にしてはカジュアルな気が――。

 

「21歳の若さで結婚・引退した百恵さんは当時、『稔さん(友和の本名)と幸せな家庭を作って、普通のおばさんになりたいんです』と語っていました。それから現在に至るまでずっと“普通であることがいちばん幸せ”という強い思いがあるんです。そんな百恵さんの信念を深く理解している友和さんは、還暦祝いでもあえていつもどおりのデートにしたのでしょう。それこそ百恵さんがいちばん喜ぶことですからね」(前出・知人)

 

特別な記念日だからといって、大々的なサプライズパーティーを用意したり、高価なプレゼントを贈ったりといった派手なことはいっさいしない。さりげなく過ごせる姿に、三浦夫妻のゆるぎない絆の強さが伝わってくる。

 

こうした友和の気配りには、自分の両親を献身的に介護してくれる百恵さんへの感謝の気持ちがあった――。

 

「ともに90歳を超えたご両親はいま、友和さん夫妻の自宅に同居しています。百恵さんは義父母のために介護の勉強も始め、食事や身の回りの世話などすべて百恵さんが担ってきました」(前出・知人)

 

友和は前出のインタビューでこうも語っている。

 

《妻は大変ですよ。病院は、妻が車で連れていっています。介護で自分の時間が削られるだけでもストレスになっているはずですから、ここは相性ですませず『ありがたく思っている』と言葉に出して伝えています》(同)

 

誕生日や記念日などの特別な日だけではなく、友和は“何でもない日”でも百恵さんへの恩返しを忘れない。

 

「家事や介護のストレスを少しでも和らげようと、休みの日は以前に増してデートに出かけるように心がけているようです。家にいる日も晩酌をしながら夫婦で語り合う時間は必ず作るようにしているといいます。最近2人は日本酒にハマっていて、料理上手な百恵さんがおいしいおつまみを作ってくれるのだとか。友和さんはこういうときも『いつもおいしいよ、ありがとう』とさりげなく百恵さんを褒めているそうです」(前出・知人)

 

この日、映画を見終わり、お互いの感想を楽しそうに語り合っていた三浦夫妻。その左手薬指には、10年に1度新調するというおそろいの結婚指輪が、真冬の夕日を浴びて光っていた――。

関連カテゴリー: