1月19日より放送がスタートした連続ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』(日本テレビ系)。裁判で起訴された際の有罪率がほぼ100%と言われる裏で、冤罪に苦しむ人々を救う弁護士・黒川の姿を描くヒューマンリーガルドラマだ。初の弁護士役に挑戦する坂口健太郎(27)をはじめ、川口春奈(23)、趣里(28)、藤木直人(46)ら錚々たる顔ぶれの共演に注目が集まっている。

 

だが、その裏で密かに話題を集めているものがある。それは登場人物の名前。主要キャストの名前をあげてみると、黒川拓(坂口)、秋保恭一郎(藤木)、城崎穂香(趣里)。一見すると何の変哲もない名前だが、名字に注目してほしい。そう、全て日本にある名湯の名称になっているのだ。1話に登場した役名の名字を列挙してみる。

 

黒川、秋保、和倉、城崎、湯布院、別府、登別、石和、有馬、指宿

 

と、全ての名字に名湯地を当てはめている。さらにはゲストとして登場した、吉田栄作(50)の名字は阿蘇。僅かしか登場しない刑事には下呂、証言する科学者にも十津川と名付けるなど、すべて名湯の名称で統一するこだわりぶりを見せていた。

 

この仕掛けにはネット上でも《謎のこだわりに好感持てる》《ドラマ見てたら温泉行きたくなってきた》と評価する人々が続出。予告されている第2話の容疑者役の名字も十勝とまたもや名湯地。果たして最終回までにはいくつ名湯が登場するだろうか?

 

ちなみに『ハケン占い師アタル』(テレビ朝日系)のキャラクター名は、主役の杉咲花を除いて全員山手線の駅名となっている。こうした謎のこだわりに注目して見るのもいいかもしれない。

関連タグ: