いしだ壱成 石川移住で変化…育児優先の意向貫き仕事もセーブ

「2人とも変装をしていなかったので、すぐにわかりました。いしださんが赤ちゃんも乗せられるカートを押していて、奥さんといっしょに買いものを楽しんでいました」(買い物客)

 

1月上旬、石川県のショッピングモールに意外な夫妻の姿があった。いしだ壱成(44)と妻の飯村貴子(20)だ。カートには、昨年9月に生まれた愛娘の姿もあったという。

 

いしだといえば昨年12月発売の『女性セブン』で、うつ病治療中であることを告白。その際に父の石田純一(65)について「自分は父に捨てられたという感覚がある」と語り、「石田家で食事をしていると、どこか仮面家族っぽい感じがする」と告白。石田家との“決別宣言”ともとれるような発言が飛び出していた。

 

「1月14日には、純一さんの65回目の誕生日が行われました。妻の東尾理子さん(43)や3人の子供たちはもちろんのこと、長女のすみれさん(28)や元妻の松原千明(60)なども集結したと報じられました。しかし、そこに壱成さんが現れることはありませんでした」(壱成の知人)

 

それもそのはず。実は壱成夫妻、冒頭で目撃した石川県に“移住”していたのだ。

 

「もともと東日本大震災のときに家を借りていて、飯村さんの出産を機に移ったそうです。東京の部屋も残しているので完全移住というわけではありませんが、現在は子どもが生まれたばかりなので向こうでの生活を選んでいるそうです」(壱成の知人)

 

当初は「表に出る仕事をやめて、裏方に回りたい」とも語っていたといういしだ。現在は、仕事をセーブしているようだ。

 

「地方復興に意欲を燃やしていましたし、昨年には知人とイベントも開催。先日も舞台のオファーがありました。しかし1カ月ほど上京しなくてはならないため、断ったそうです。今はとにかく子育てを優先したいという意向のようです」(前出・壱成の知人)

 

たしかに冒頭で目撃したいしだは、イクメンそのもの。子どもをあやしながら、妻と100円均一のお店などをまわる。家族デートを楽しむその表情には、笑みがこぼれていた――。

関連カテゴリー: