「1人が嫌と言ったらやらない」活動休止にあった嵐の“掟”

1月27日、人気アイドルグループの嵐が2020年12月31日を持って活動休止を発表。その報せは瞬く間に広がり、日本中に衝撃が走っている。

 

この日、嵐は公式ファンクラブサイトでファン向けの動画を公開。リーダーの大野智(38)は「2017年6月中旬ごろに僕はメンバー4人に集まってもらい、自分の気持ち、思いを話しました」と、自ら活動中止について提案したことを明かした。

 

メンバーも提案を聞いた当初は戸惑いを隠せなかったという。動画のなかで二宮和也(35)は「最初に話を聞いたときは驚きました」と素直な気持ちを明かしている。だが、その後メンバー間で何度も話し合いを重ね、休止を決定したという。相葉雅紀(36)も「気持ちの整理をつけるには時間がかかりましたが、今は納得しています!」と告白。メンバー全員が納得した上での決断だったようだ。

 

そして、そんな彼らを象徴するような“掟”が嵐にはある。

 

それは17年10月1日放送の『ニノさん』(日本テレビ系)で紹介されていた。この日、番組は各界のトッププレイヤーを紹介する内容だった。そこでゲストであるSexy Zoneの菊池風磨(23)は、MCの二宮に「トップアイドルで居続ける秘訣」を質問した。

 

すると二宮は「嵐は民主主義。AとBがありますってなったときにAの人が2人、Bの人が3人ってなったらこのAを選んだ2人も、まあそのBにもう乗っかるわけ」と告白。何かを協議する際、多数決が重要であると明かした。

 

だが続けて「もう1ついっぽうであるのは、1人がやりたくないって言ったものは絶対にやらない」とも語る二宮。「そこはちょっと民主主義が崩れるんだけど、その人がやりたくないとかわからないって言ったものは未だにやっていない」と、最終的には多数決よりもメンバーの意志を尊重するグループの姿勢を明かしていたのだ。

 

国民的グループの嵐にとって、活動休止は大きく難しい判断だったはず。それでも、個人の意思を尊重し、決断した彼らに今は拍手を送りたい――。

関連カテゴリー: