櫻井翔 1年前に語っていた「グループを存続させる難しさ」

1月27日、嵐が2020年をもって活動を休止すると発表された。

 

リーダーの大野智(38)は《2017年6月中旬ごろに僕はメンバー4人に集まってもらい、自分の気持ち、思いを話しました》とコメント。

 

《2020年をもって自分の嵐としての活動を終えたい》という大野の申し出を受け、5人のメンバー同士が何度も話し合った結果、2020年に嵐の活動を休止するという決断に至ったという。

 

櫻井翔(37)は《バラバラになってしまったというよりは、5人でしっかりと肩を組んで、1つの大きな目標に向かっている、というのが今の嵐です》とコメント。

 

櫻井は昨年5月5日放送の『サタデープラス』(TBS系)で、関ジャニ∞の丸山隆平(35)に、グループを存続させる難しさを語っていた。関ジャニ∞は渋谷すばる(37)が脱退した直後だったが、櫻井もまた、メンバーとの話し合いを重ねた上で以下のように発言していたのだ。

 

「最近強く思うのは、やっぱり当事者である我々が『長く続けよう』と強く思わないと続かないよね。別に長くじゃなければ続けられるよ。ただ長く続けたいなら『長く続けよう』と思わないと続かないよね」

 

「難しいよ。だってさ、グループによって人数違うけど、いわば元々は他人なのに家族より長い時間一緒に過ごすわけだから、それぞれに歩み寄ったり思いやったりしないと、難しいよね」

 

「たまたま俺らも20年近く、関ジャニ∞も長くやれてるけど、それはみんなの努力あってこそだと思うけどね」

 

20年間、努力を続けた上での決断。嵐としての活動を休止しても、5人の絆は変わらないはずだ――。

関連カテゴリー:
関連タグ: