安藤サクラが現場で描く似顔絵 娘に別居中パパ思い出させる

「大阪暮らしも9カ月を迎えますが、クランクイン当時“ハイハイ”だった娘さんはもう1歳半。昨年末には歩けるようになりました。長谷川博己さんはじめ、共演者やスタッフもわが子のように成長を見守ってきたので、みなさん感慨深いようです。今ではスタジオ内を元気に走り回っていますよ」(制作関係者)

 

昨年10月の放送開始から視聴率20%台をキープしているNHK朝の連続テレビ小説『まんぷく』。ヒロイン・福子を演じる安藤サクラ(32)は昨年5月のクランクインから大阪府内のマンションで長女との2人暮らしを続けている。

 

「基本的に撮影中は局内のキッズスペースに娘さんを預け、休憩時間に母子の時間を過ごしています。安藤さんは毎朝、娘さんに朝食を食べさせてからNHK入り。楽屋にもベビーベッドがあるので、実母の安藤和津さんがサポートに来ているときなどは娘さんも楽屋で過ごしています」(NHK関係者)

 

そんな安藤が1月23日、インスタグラムを更新し、第74話に登場した福子と娘・幸の似顔絵が実は夫・柄本佑(32)が描いた絵を基にしていたことを明かしている。

 

《理由は内緒で「似顔絵描いて」って頼んで監督に提出してみたら採用された。実際は夫が描いた妻の絵なのでした》

 

柄本が実際に描いた“味のある”似顔絵画像も公開していた。

 

「実は安藤さんも娘さんのために“離れて暮らす家族の顔を忘れないように”とスタジオ内のホワイトボードに旦那さんや両親の似顔絵を何度も描いて、娘さんに見せているんです。安藤さんは多忙で、なかなか東京には戻れませんからね。娘さんもその似顔絵を見てはニコニコしています」(前出・制作関係者)

 

写真ではなく、あえて温もりのある似顔絵で、夫婦の“愛情交換”が交わされていたのだ。

 

「最近、安藤さんはオフの日にマンション近くの公園へ娘さんと一緒に行くことが多く、そこで“大阪のママ友”もできたそうです。クランクイン当初、安藤さんは『娘はまだわからないと思うけど、自分の仕事を肌で感じてもらいたい』と話していました。その思いは確実に娘さんに伝わっているように見えます。出演者の方々やスタッフが連日の過密スケジュールに追われるなか、スタジオに頻繁に現れる“小さな見学者”の存在はみんなの癒し。現場の“アイドル的存在”としてかわいがられています」(ドラマ関係者)

 

安藤のあどけない愛娘が、ドラマの高視聴率を支えるもう一人の“ヒロイン”だった!