2月3日、菅田将暉(25)主演ドラマ『3年A組―今から皆さん、人質です―』(日本テレビ系)の第5話が放送された。数カ月前に自殺したクラスメイトの景山澪奈(上白石萌歌)。の真相を明らかにするべく、菅田演じる柊一颯が生徒29人に対して10日間の“最後の授業”を行うドラマ。

 

第4話の最後で倒れた柊。そこから2時間が経った午後10時30分から第5話はスタート。必死に脱出手段を探す生徒たち。そしてついに美術準備室の扉を開け、携帯電話やカバンを取り戻し外部との連絡手段を獲得する。殺されたはずの生徒たちとも再会を果たす。

 

晴れて全員で脱出と思いきや、監禁されていた里見(鈴木仁)は「先生と一緒にこのまま学校に立てこもってほしい」とまさかの訴えを。実は監禁中に今回の事件を起こした真の理由を語っていた柊。影山は自殺ではなく何者かに殺されており、その真相を暴くことが目的だった。さらに、柊は自身が不治の病で余命わずかであることも告白。そこで生徒たちに”最後の授業”を行うと決心。「お前たちが大人になる前に、何が大切で何を守らなければならないのか、景山の事件を通して学んでもらおうと思った」と語った、真剣な柊の思いを里見たちは受け止めたのだ。

 

だが、残留を希望する生徒と脱出を望む生徒の間で対立が起こる。さらには警察がSITの突入を決定するなど混乱を極める。そのとき、目を覚ました柊が茅野とともに教室へやってくる。

 

事件の裏で暗躍していた半グレ集団“ベルムズ”のリーダー・岸と交際する諏訪唯月(今田美桜)へ語りかける柊。事件への関与を薄々気づきながらも、モデルになる夢のために岸との交際を続けていた諏訪。みっともないと自覚しながらも、前に進むしかなかった。柊はそんな諏訪のもがく姿を肯定しながらも、「恥もかかずに大人になれると思うな」と檄を飛ばす。その熱意に心を開いた諏訪は、岸からプレゼントされたペンダントの中に入っていたSDカードを柊へ渡す。その中に入ってたのは岸にフェイク動画の作成を依頼した顧客リストのデータ。そして、そこにはなんと魁皇高校の教師の名前があったのだ。

 

そして、諏訪の思いを受けた柊は痛みに耐えながら突入したSITの前に登場。生徒たちに嫌疑がかからないよう、悪役を演じることに徹し遠ざける。そんな柊の姿を見た生徒一同は柊へ協力し立てこもることを決意。そこで織り込まれた回想では、柊が生徒と真剣に向きあってきた数々のシーンが。静と動の対比がうまく描かれており、予想外の展開に視聴者の興奮を喚起したことだろう。また柊の「恥もかかずに大人になれると思うな」は《名言すぎる……》といった感動の声が多く見られた。

 

今回のキーパーソンである今田美桜の愛らしい容姿ながら、激しく感情を露わにする演技は白眉。SNS上でも、《キレるシーン迫力ありすぎ!》《可愛い》《泣いてる姿も美しい》と話題騒然だった。

 

さて次回からは、ついにフェイク動画作成を依頼した魁皇高校の教師へと迫る第2部がスタート。生徒を味方につけた柊の活躍からますます目が離せない。