キンコン梶原 ドッキリ動画に批判殺到、生配信で謝罪

YouTuberカジサックとして活動しているお笑いコンビ・キングコングの梶原雄太(38)が2月4日深夜、自身のYouTubeチャンネルの生配信で謝罪した。同日に投稿されたドッキリ動画に批判が上がったことを受けての謝罪だった。

 

批判が上がった動画は、カジサックのカメラマンと、声の人を担当する元芸人のヤスタケへのドッキリ企画。スニーカーが大好きだというヤスタケの実家で、本人がいないうちにコレクションされているスニーカーを全てお菓子のスニッカーズに置き換え、帰宅したヤスタケの驚く様子が映し出されていた。

 

この動画には、「不愉快」「やりすぎ」「コレクター舐めてる」など批判が相次ぎ、この動画には1万を超える“バッドボタン”がクリックされた。

 

梶原は生配信で「毎日楽しい動画をあげていきたいと常日頃考えています。今回のドッキリ動画で嫌な気持ちになった人がたくさんいたと感じたので謝罪させていただきます」と話し、「本当に嫌な気持ちにさせてしまい申し訳ございませんでした」と深々と頭を下げた。また、「甘い気持ちで動画を作ってドッキリをしてしまった」と続け「本当に未熟なんです」と謝罪した。

 

今回の動画は「いつかヤスタケも知名度が上がればいいな」と企画したといい今後は「人が嫌がりそうなことはやらないように頑張ります」と宣言した。

関連カテゴリー: