草なぎ剛 つかさん絶賛の育成力!小西真奈美も共演で大成長

草なぎ剛(44)が、舞台「家族のはなし PART I」で主演を務めると2月14日に発表された。つかこうへいさん(享年62)演出による舞台「蒲田行進曲」以来19年ぶりに、小西真奈美(40)との共演を果たすという。

 

5月4日から6月1日まで京都劇場で上演される同作のテーマは、“誰もが「笑って泣ける」、優しいコメディー”。各メディアによると2話制の同作で草なぎは、ある夫婦の飼い犬と広告会社プランナーの夫役という異色の2役を熱演。草なぎは「どのようなものになるか自分自身でもワクワクしています! 小西さんと久々に一緒に舞台に立てることもとても楽しみ」と明かしているという。

 

また小西も同日、自身のブログを更新。同作の上演を発表し「1999年初演、そして2000年再演の『蒲田行進曲』という、私の人生で2本目の舞台以来、なんと19年ぶりに、草なぎ剛さんとご一緒させていただく事になりました」と草なぎとの共演も報告。さらに当時の草なぎとの思い出を回想し、こう綴った。

 

「あの頃、右も左もわからない私に対し、いつも笑顔で、“一緒にがんばろう。”と言ってくださった草なぎさん。また同じ舞台に立たせていただく日が来るなんて、嬉しさと緊張でいっぱいですが、本当に、心して、真摯に臨みたいと思っています」

 

Twitterでは2人の共演を喜ぶ声が上がっている。

 

《つよポン舞台 しかも小西真奈美さんと! 蒲田行進曲以来19年ぶりって! 嬉しすぎる》
《「蒲田行進曲」でのつよぽんのヤス、小西さんの小夏ほど心臓を掴まれ、大号泣した舞台はありませんでした。ずっと「蒲田行進曲」を超えるものには巡り会えないと漠然と思ってた所の、まさかの共演に震えました!》
《小西真奈美さんと蒲田行進曲以来19年ぶりにご一緒というのもとても感慨深いね。つかさん、よろこんでくださってるかなぁ》

 

「蒲田行進曲」の演出を務めたつかさんは生前、草なぎについて“真実の天才”と絶賛していた。

 

「つかさんは、草なぎさんのサポートのお陰で小西さんが女優として成長したとも語っていました。実際、当時ほとんど演技経験のなかった小西さんがこれ以降は数々の映画賞を受賞。近年は音楽劇にも挑戦するなど、演技の幅を広げています。そのきっかけとなった恩人が、草なぎさんだったということです。今回もどんな化学反応が生まれるか、期待の声が上がっています」(舞台関係者)

関連カテゴリー: