稲垣吾郎 主演映画『半世界』公開報告、長谷川博己にエールも

2月15日、元SMAPの稲垣吾郎(45)が自身のブログを更新。主演映画『半世界』が公開初日を迎えた心境を語った。

 

稲垣にとって単独初主演映画となった『半世界』は、40歳目前の男3人の視点を通して誰もが通る葛藤と家族や友人との絆、希望を描いたヒューマンドラマ。

 

第31回東京国際映画祭で、観客賞を受賞するという快挙を成し遂げ、公開前から注目を集めていた同作品が、ついに公開初日を迎えた。

 

稲垣は『公開初日』と題したブログを更新。「映画『半世界』本日無事公開いたしました」と報告し、「まさに一年前の今日、2月15日にクランクインした坂本組『半世界』」と1年前に撮影がスタートしたことを明かした。

 

「ここまでこの作品を大切に育んで下さった、全ての関係者スタッフの皆様、公開を楽しみに待っていてくれたファンの皆様に心より感謝申し上げます」とし、「共演の渋川清彦さんと坂本監督もご一緒に」というコメントと共に稲垣との3ショットを投稿。

 

「長谷川さんはというと…大阪でラーメン作っています。 笑 きっと撮影もラストスパートですよね。最後まで頑張って下さい」と共演した長谷川博己(41)がNHK連続テレビ小説『まんぷく』に出演していることから茶目っ気たっぷりにエールを送った。

 

ブログには5,000を超えるいいね!と約400のコメントが寄せられている。

 

コメント欄には「吾郎ちゃん、半世界 公開初日おめでとうございます! 今日朝一番の回で観てきました!」「昨日の先行上映会の舞台挨拶生中継に参加したよ!! 半世界、すっごくすっごく素晴らしかった!!」と祝福のコメントやすでに映画を観たというファンから絶賛の声が殺到している。