なにわ男子が2次元進出!4億回再生クリエイターも参加

ジャニーズ事務所から初のバーチャルアイドル・海堂飛鳥と苺谷星空が誕生した。各メディアによると王子様キャラの海堂の声をなにわ男子の藤原丈一郎(23)が、やんちゃキャラの苺谷を同じくなにわ男子の大橋和也(21)が担当するという。

 

バーチャルアイドルとは、実在しない架空のアイドルのこと。インターネットのような仮想空間を中心に、アイドル活動を行う。早速、海堂と苺谷も2月19日から毎日21時30分頃にSHOWROOMにて動画を生配信するという。

 

各メディアによると、同日に開催された会見で藤原は「最初にこの話を聞いたときはビックリしたんですけど、貴重な経験をさせていただくので楽しみしかない」とコメント。さらに大橋は「ファンの皆さんと近い距離で話せるので今から楽しみです」と語ったという。

 

3次元アイドルの代表といえるジャニーズの、バーチャルアイドル界への進出。Twitterでは《は!? ついにSHOWROOMやっちゃう? しかもバーチャルアイドル? 驚き》《バーチャルアイドルの是非云々の以前にバーチャルアイドルの楽しみ方が理解できないアナログBBA》といった驚きや困惑の声が上がっている。

 

いっぽうで、ジャニーズの新たな挑戦に期待の声も上がっている。

 

《「バーチャルアイドル? ジャニーズ??? 誰この人調べよ」ってなるだけでデビュー以上の物も得られるんじゃないかな~と期待してみる》
《バーチャルを入り口にファン層の新規開拓も見込めるだろうし、アイドル育成の元祖みたいなジャニーズ事務所ならではの新しいコンテンツを期待したいね》
《新しいモンには一様に文句がつくもんやし、バーチャルアイドルがどんな市場になるかアタイは楽しみ》

 

海堂と苺谷のキャラクターデザインは、ニコニコ動画やYouTubeなどで活動するクリエイターユニット・HoneyWorksのヤマコが担当している。

 

「HoneyWorksとは2次元界隈で知らないものはいないクリエイター集団で、動画の総再生回数が4億回以上。またボーカリストを迎えたCHiCO with HoneyWorksとして音楽活動にも積極的です。今後CHiCO with HoneyWorksとのコラボで、海堂くんと苺谷くんのCDデビューも考えられるのではないでしょうか」(音楽関係者)

 

ジャニーズの新たな挑戦――。その化学反応が楽しみだ。

関連カテゴリー: