観月ありさ16億円新居 居間200畳計画も光熱費300万円で断念

都内の超高級住宅地で新居を建設中の観月ありさ(42)と青山光司氏(46)夫妻。2月下旬、現場では急ピッチで工事作業が進められていた。建物は全体的に目隠しでおおわれ、道路は通れないように。コンクリートを流し込む作業員が、あわただしく動き回っている。夕方5時を過ぎても、その作業音がやむことはなかった――。

 

青山氏が約600平方メートルというこの地を購入したのは、14年2月のことだった。翌15年3月に観月と結婚すると、新居建設を決意。1年以上に及ぶ構想期間を経て、16年12月に着工した。青山氏といえば年商150億円ともいわれる建築足場メーカー社長だけに、新居も超豪華。延床面積は、約900平方メートル。地上3階建ての大豪邸は土地建物で総額16億円とも報じられ、世間をあっと驚かせた。

 

「当初は、17年12月に完成予定といわれていました。しかし着工から2年、工事は遅れに遅れています。その理由は、何度も設計方針が変わったからです」(青山氏の知人)

 

なぜ、観月夫妻は方針を変えることになったのか。そこにはセレブならではの“意外な大誤算”があったという。

 

「当初、観月さんと青山さんはリビングをなんと200畳にする予定だったんです! しかしそれだと光熱費が月300万円ほどかかることがわかり、急きょ縮小することにしたそうです。それでもかなりの広さになると聞いていますが……」(青山氏の知人)

 

たしかに建設中の新居には、リビングとおぼしき広々としたスペースが見える。建物も異常なほどの大きさ。戸建てというより、もはやビルだ。さらに車好きな青山氏のこだわりなのだろう。玄関前には車が止めやすいよう、広々としたロータリーのようなスペースが確保されていた。

 

「完成予想図を見た人は『まるで城のようだった……』と仰天していました。建設工事は5月に終了すると聞いていますが、すべてが規格外。完成すれば、芸能界随一の巨大御殿になりそうです」(前出・青山氏の知人)

 

土地購入からすでに5年がたつ。こだわりの詰まった“夢の新居”は、果たして今度こそ完成するのだろうか――。

関連カテゴリー: