生徒の成長に菅田将暉も涙 教えが結実した「3年A組」8話

2月24日、菅田将暉(25)主演ドラマ『3年A組―今から皆さん、人質です―』(日本テレビ系)の第8話が放送された。数カ月前に自殺したクラスメイトの景山澪奈(上白石萌歌)の真相を明らかにするべく、菅田演じる柊一颯が生徒29人に対して10日間の“最後の授業”を行うドラマ。

 

第7話で武智大和(田辺誠一)がフェイク動画を依頼したことが明らかになり、事件は解決したかに思えたが柊は「これからが本番だ」と言う。課題もなく「自習」となったこの日は、柊から携帯やカバンを返却されつかの間の休息を楽しむ生徒たち。いっぽう、刑事の郡司(椎名桔平)は武智の背後にさらなる黒幕がいることに気づいていく。そして生徒の西崎颯真(今井悠貴)が、武智を逮捕する決め手となった証拠動画が加工されていることに気づき……というのが第8話のあらすじ。

 

今回目を引いたのは、なんといっても生徒たちの確かな成長ぶりだろう。証拠動画に写っていたのが、武智ではなく柊だったことに気づいた西崎と堀部瑠奈(森七菜)。他の生徒たちも新たな疑惑に動揺する。西崎は実は、景山の動画がフェイクだということに当初から気づきながら見過ごしていた。その罪悪感から非難轟轟の武智を救うべく、証拠動画の公開を強行しようとする。だが、そんな西崎に堀部は「もっとちゃんと考えよう」と踏みとどまらせる。そして、自分の頭で考えて答えを出そうとする生徒たち。

 

冒頭で柊が生徒たちに伝えた「大事な決断をするときは、グッと踏みとどまって、クルっと頭を1周させればパッと正しい答えが浮かぶ」という教えは確かに伝わっていたのだ。柊も「想像力を働かせて、いろんな可能性を鑑みる。俺の伝えたかったことがちゃんと届いてるんだな」と思わず涙を流す。そんな柊の泣き姿に《菅田くん自身の涙に思えて、余計に涙が止まらなかった》《こんな美しい泣き姿見せられたらこっちも泣いちゃうよ……》ともらい泣きする視聴者も続出していた。大きな展開はなかったが、「自習」の通りこれまでの教えが結実した感動的な回だった。

 

終盤では柊と郡司の直接対決が訪れ、物語はついに最終章へ。最後に登場したヒーローの正体、そして黒幕は一体誰なのか? ラスト2話、ますます目が離せない。

関連カテゴリー: