小林麻耶 7か月遅れの結婚指輪に“嗚咽レベル”の大号泣

元フリーアナウンサーの小林麻耶さん(39)が2月28日の夜、自身のブログを更新。’18年7月に結婚した夫からサプライズで結婚指輪をプレゼントされたことを報告し、「奥さんにしてもらえて、私は幸せです」と喜びを炸裂させている。

 

麻耶さんは『大大大大サプライズ!!!』と題してエントリー。「交際0日で電撃婚した私たち。お付き合いの期間がなかったので夫婦というより付き合いたてのカップルのように毎日新鮮で、ドキドキ」「そのままを丸ごと受け止めてくれる優しくて心が広い夫には感謝しかありません」と恋人同士のような結婚生活をおくっているとつづった。

 

「結婚してくれてありがとう」と眠る前に毎晩伝えてしまうほど幸せだという麻耶さん。この日は帰宅後に夫が突然「遅くなってしまったけど……」と結婚指輪をプレゼントしてくれたという。「全く!! 予想もしていなかったので、大号泣……。嗚咽レベル。本当に本当にびっくりしました。そして、嬉しくて、嬉しくて、身体中がブワーッと熱くなるほど幸せを感じました」と感動で涙が止まらなかったと明かした。

 

そして「突然! の結婚だったので貯金が足りなかったらしく……HARRY WISTONの結婚指輪をプレゼントする! と、結婚後一生懸命貯めてくれていたそうです」と輝く指輪の写真を公開。「夫の奥さんにしてもらえて、私は幸せです」と喜びをかみしめた。

 

読者たちも「本当に良かったですね!」「幸せなお話を聞かせてくれてありがとう」「麻央ちゃんの分まで幸せなってください」と麻耶さんの幸せエピソードに癒されているようだ。

関連カテゴリー: