ピエール瀧 アナ雪降板に悲鳴「あの声以外にありえない!」

俳優でミュージシャンのピエール瀧容疑者(51)が3月12日、コカインを使用したとして麻薬取締法違反の疑いで逮捕された。逮捕が報じられたのは遅い時間帯だったが、Twitterでは「ピエール瀧」「木曜たまむすび」「オラフの声」といった関連ワードが多数トレンド入りした。

 

一夜明け、早速その余波は広がっている。各メディアによると瀧の冠番組「ピエール瀧のしょんないTV」(静岡朝日テレビ)は放送休止となり、現在出演中の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」についてNHKは対応を検討中と発表した。さらに声優として参加していた人気ゲーム「JUDGE EYES:死神の遺言」は出荷やDL販売を自粛するという。

 

また瀧の所属する電気グルーヴは30周年を記念したツアーを開催していたが、公式ホームページでその中止が発表された。記念すべきタイミングでの逮捕に、Twitterではファンからの戸惑いの声が上がっている。

 

《電グル結成30周年の年だというのに、いだてんや星空レストランにも出てるというのに、何故コカインに手を出してしまったんだ》
《瀧……何やってんの? 大河にも出て電グル30周年の年なのに……》
《電気グルーヴのお祭り参加したかったなー。瀧さんなんでこのタイミングやねん!》

 

瀧といえば13年に公開されたディズニー映画「アナと雪の女王」のオラフ役が子供たちから人気だった。同映画は11月に新作の公開を控えていたが、しかし朝日新聞によると瀧は降板するという。そのためTwitterでは《うええええ! あの声以外にありえない!》《アナと雪の女王2を見た子供にオラフの声が変わった理由を誰もが幸せになれるように説明する方法求む》といった声が上がっている。

 

13日に放送されたラジオ番組「たまむすび」(TBSラジオ)で、パーソナリティを務める赤江珠江(44)は瀧の逮捕について言及。瀧は番組の木曜レギュラーを務めていたため、赤江は「瀧さんに代わって申し訳ありませんということを番組のメインパーソナリティとして、まずお伝えしたいと思います」と涙ながらに語った。さらに瀧と30年近い親交関係にある伊集院光(51)も13日の「伊集院光とらじおと」(TBSラジオ)で瀧について触れ、「彼の昨今の仕事ぶりに対して、僕は尊敬や憧れや嫉妬や全部持ってたね。だから、なんでそんな物が必要なんだ、って」と心境を吐露した。