「集団左遷!!」支える福山雅治の情熱 撮影前から役作り奔走

福山雅治(50)が3月31日、4月からスタートする主演ドラマ「集団左遷!!」(TBS系)の制作発表に出席した。

 

同ドラマは福山演じる主人公の銀行員が、リストラ候補の仲間と巨大組織に立ち向かうという物語。各メディアによると福山は「キャスト、スタッフともに熱い熱い現場になっている。放送前から打ち上げのような盛り上がりになるのは初めて」と明かし、「新元号のフレッシュさに負けないぐらいのエネルギーのある作品にすべく、平成最後から新元号最初にかけて頑張りたい」とコメントしたという。

 

福山にとって同ドラマは、実に3年ぶりの連続ドラマとなる。そのためか気合も十分のようで、本誌は同ドラマのために高級美容室で髪を切った福山の姿をキャッチ。どうやら1cmほどしかカットしなかったようだが、そこには秘密が隠されていた。

 

「福山さんは『集団左遷!!』のためにお気に入りの美容師に頼んで、常に役と同じ髪型にしているそうです。もともと福山さんは髪型から役作りを始めるタイプ。髪型とともに、その情熱を保っているようです」(テレビ局関係者)

 

制作発表では現場について「熱い熱い現場」と明かし、「頑張りたい!」と意気込んでいた福山。実際、今回のドラマには並々ならぬ熱意でのぞんでいるという。

 

「50代になってから初めてのドラマ出演のため、福山さんもいつも以上に気合いが入っているようです。今回演じるのが銀行の支店長役ということもあり、『自分が引っ張っていく!』と周囲に語っていました。企画段階からスタッフとも頻繁に意見交換を行い、そうした前向きな姿勢に現場の士気も上がっているそうです。近しいスタッフには『番宣にもたくさん出る!』と宣言しているそうですよ」(前出・テレビ局関係者)

 

Twitterでは《平成最後のましゃのドラマ! 令和最初のましゃのドラマ!!》《今回は今まで見たことのない姿が沢山見れそうで 本当に楽しみ》といった声が上がるほど、すでに「集団左遷!!」は話題沸騰中。ファンの期待に応える、福山の演技にも注目したい。

関連タグ: