ピエール瀧騒然の保釈現場 まるで別人の声、思わぬトラブルも

コカインを使用したとして麻薬取締法違反の罪で起訴されたピエール瀧被告(51)が4日午後7時過ぎ、留置先の警視庁東京湾岸署から保釈された。保釈保証金は400万円。弁護人が3日に東京地裁に保釈請求していた。   報道陣が待ち構えるなか、同署の外に姿を見せた瀧被告は黒のスーツにネクタイ姿で立ち止まって一礼。「このたびは、わたくしピエール瀧の反社会的行為により、大変多...

関連カテゴリー: