指原莉乃 Twitterで運営に苦言、ファンから賛同の声続々

4月22日、HKT48の指原莉乃(26)が自身のTwitterを更新。NGT48のメンバー山口真帆(23)が卒業を発表したことを受け、運営会社であるAKSに対して苦言を呈した。

 

昨年12月に暴行被害を受けた山口は21日、NGT48チームG『逆上がり』の最終公演に登場。101日ぶりの出演となったステージで、グループの卒業を発表した。

 

これを受け、翌日の22日指原はTwitterで「信頼できる違う場所で輝けますように」と投稿。

 

連続して「本当だとしたら未成年の子供も預かっている会社としておかしい。大人数を預かっておいてその感覚の人とは思いたくない。私も現社長とは一度しか会ったことも喋ったこともなかったしコミュニケーション不足もあるのか、いま預けられている人の不安さ不信感がわかってないような。全体的に怖いしおかしい」とコメント。運営会社であるAKSに向けて苦言を呈した。

 

この投稿に7万をこえるいいね!2万を超えるリツイート、1,000近いコメントが寄せられている。

 

コメント欄には「全くその通り!  一般常識としてそう思うことが当然だと思うけどAKSって何かおかしい」「莉乃ちゃんの感覚が『普通』だと思う。人の心を思いやれなくて、人を感動させるエンターテインメントなんて作れないと思う」と指原に賛同するコメントが多く見られた。

 

また「莉乃ちゃんみたいな人がいてくれて本当によかったけど、どうして莉乃ちゃんが言わなきゃいけないんだろうってやるせない気持ち」「声を上げてくれてありがとう…そして、こんな事言わせてしまう事に申し訳なさすぎて悲し」と指原の立場を気遣うコメントもみられた。

関連カテゴリー: