布袋寅泰 元BOOWYメンバーと共演も再結成が難しい理由

歌手でギタリストの布袋寅泰(57)が4月29日発売のニューアルバム「GUITARHYTHM VI」で元BOOWYのドラムス・高橋まこと(65)やベース・松井常松(58)らと31年ぶりに共演したと、各スポーツ紙が報じた。

 

各紙によると3人での共演は1988年のBOOWYの解散ライブ「LASTGIGS」以来のことで、同アルバムの収録曲「Thanks a Lot」で実現。レコーディングは今年2月に布袋が拠点を置くロンドンで行われ、31年ぶりにもかかわらず息の合ったセッションになったという。

 

「いまだに根強い人気のBOOWY。布袋さんはここ数年、高橋さんや松井さんとそれぞれいっしょに仕事をしていました。それもあって、声がかけやすかったようです。ニューアルバムは布袋ファンのみならず、多くのBOOWYファンも購入することになりそうだと注目を集めています」(レコード会社関係者)

 

そんな3人の共演によって期待されるのが、無期限活動休止中の氷室京介(58)も加えてのBOOWY再結成。だが現状では、実現の可能性は難しそうだという。

 

「もともと氷室さんと布袋さんの不仲説が流れていました。時を重ねるにつれた今も、修復したという話は聞こえてきません。また2011年に氷室さんが東日本大震災の復興支援目的でチャリティ公演を行った際、ソロ曲のみならずBOOWYの曲を熱唱。それをめぐり、高橋さんや松井さんとも対立してしまったといいます。そんな現状では、復活の道のりはまだまだ遠いといえるでしょう。待ち続けるファンたちのためにも、4人そろってステージに立つ姿を見せてほしいですが……」(芸能記者)

 

復活すれば、さらなる話題になることは確実。ファンのためにも、再結成実現となってほしいものだ。

関連カテゴリー: