陣内智則 娘の夜泣きに言及、“新米パパ”ぶりに激励の声

5月10日、お笑い芸人の陣内智則(45)が自身のTwitterを更新。妻でフジテレビアナウンサー・松村未央(32)との間に産まれた、生後6か月の長女の夜泣きについて言及し、反響を得ている。

 

陣内はお笑いコンビ・いつもここからのネタをオマージュし投稿。「悲しい時~! 夜中に生後半年の娘の夜泣きが激しいから嫁さん起こさんように眠い目こすってあやして抱っこして2時間後くらいにようやく熟睡したと思って、そっとベッドに寝かせた瞬間すぐギャン泣きされた時~」と陣内が夜泣きする娘を寝かしつけたものの、寝かせる際に起こしてしまったことを報告。

 

続いて、「悲しい時~! その後、嫁さんが抱っこしたら即爆睡された時~」と、陣内の努力もむなしく、松村アナがすぐに長女の寝かしつけに成功したことを嘆いた。

 

実は、今年1月本誌のインタビューで子育てについて語っていた陣内。「お風呂に入れたり、おむつも替えたりしています。おむつ交換はいつまでたっても慣れなくて、手がウンチまみれになっちゃうこともあるんです」と家にいるときは、積極的に育児にも参加していることを明かしている。

 

また、夜泣きについても「奥さんにはできるだけ寝ていてほしいから、僕があやしにいくようにしているんです」と明かしており、今回の出来事は、そんな日常の一コマだったようだ。

 

この投稿に約8,000件のいいね!と500のリツイートがされ、200近いコメントが寄せられ反響を得ている。

 

コメントには「あるあるですね。でも、陣内さんの2時間があったからコテっと寝たんですよ」「新米パパが必ず通る道…夫婦で力合わせてしっかり子育てしてね」と“夜泣きあるある”だと激励のコメントが寄せられた。

 

また、「えらーい すっかりイクメンパパですね」「しっかり育児に参加してるのは偉いと思います」と育児に参加する姿勢に対し称賛の声が届いている。

関連カテゴリー: