きのう何食べた?原作ファンも納得した磯村勇斗のジルベール

西島秀俊(48)と内野聖陽(50)のダブル主演『きのう何食べた?』(テレビ東京系)の第6話が5月10日に放送された。几帳面・倹約家の弁護士・筧史朗(通称・シロさん)と人当たりの良い美容師・矢吹賢二(通称・ケンジ)が2LDKのアパートで暮らす日々を描いたドラマ。

 

小日向大策(山本耕史)からの執拗なディナーのお誘いに頭を悩ませる史郎(西島秀俊)。そんななか、働く弁護士事務所に女性の司法修習生の指導係を任される。しかも、やって来た修習生・長森(真魚)は史朗に好意があるそぶりを見せる。突然の”モテ期到来”に動揺する史郎だったが……というのが第6話のあらすじ。

 

原作でも人気の高いジルベール初登場回とあっって放映前から期待を集めていた6話。史郎はディナーで小日向から恋人・ジルベールへの不満を聞かされる。小日向の話しぶりから、わがままな絶世の年下美男子を思い浮かべる史郎。

 

しかし、小日向の紹介でその場にやってきたのは不精ひげを生やし服装も無頓着な青年・航(磯村勇斗)だった。小日向を「だいちゃーん!」と呼び、だらけた様子の航に「どう見ても普通の青年じゃないですか」と史郎も思わずツッコんでいた。

 

磯村演じるジルベールこと航の再現率に興奮する人が続出! ネット上では《ジルベールの絶妙な再現が予想をはるかに超えてた》《気怠い表情や色気が表現されていて磯村さんめちゃくちゃハマってた》と原作ファンからも絶賛の嵐だった。

 

さらに航が着用していたネズミが両手に針を持った「針ネズミTシャツ」に注目する人も多く、《針ネズミTってなんなの(笑)》《あのTシャツ売ってほしい!》と話題沸騰。TwitterやYahooでトレンド入りするほどの盛り上がりを見せていた。

 

次回はなんと、史朗・賢二と小日向・航がダブルデート。一見、飄々としている航だが、物事の核心をつく発言をするタイプ。史朗は苦手としているが、賢二とは意外に馬が合うみたい。果たしてどのような科学変化が起こるのか、今から楽しみだ。

関連カテゴリー: