上原多香子 家族の絆に感謝…初「母の日」ツイートが反響

上原多香子(36)が「母の日」である5月12日、自身のTwitterを更新。《母の日。母と呼ばれた日。感謝》とツイートした。

 

昨年9月に演出家・コウカズヤ氏と再婚した上原は、同年12月に第1子となる男児を出産。母となって初めての「母の日」を迎え、その喜びを伝えたかったようだ。

 

「上原さんはコウさんと結婚する前からすでに妊活を始めていました。念願のお子さんなのです。またコウさんは結婚当時、《誰が何と言おうと、僕は妻と産まれてくる子供を守りたいと思っております!》とツイートするほど家族愛が強い。お子さんが誕生してから、いっそうその絆は強く結ばれています」(上原の知人)

 

Twitterでは上原を祝福する声が上がっている。

 

《たかちゃん、初めての母の日おめでとう!子育ては思う以上に何倍も大変だけど、辛い時可愛い笑顔に救われます。些細な幸せを感じる日常でよかったね》
《ママいつもお疲れ様です 息抜きもしながら楽しく子育てが出来ていますように》
《たかちゃんが大好きです その優しさで、お子さんも包んであげてください》

 

いっぽう上原といえば17年8月、前夫・「ET-KING」TENNさん(享年35)の自死の陰に上原と阿部力(37)の不貞があったのではと女性セブンが報道。その際に「子供が出来ない体でごめんね」といった文面がTENNさんの遺書にあるということや、上原が阿部に「2人の子供作ろうね」とLINEで送っていたことが伝えられていた。

 

そのため今回、《亡くなったTENNさんの母親の気持ちを考えたらそんな発言出来ないはず》《非常識なのか無神経なのか》といった声も上がっている。

関連カテゴリー: