反町隆史乗り出した新境地、連ドラ解禁でオファー殺到の声も

俳優の反町隆史(45)が7月スタートのテレビ東京系ドラマ「リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~」に主演することを、一部スポーツ紙が報じた。

 

反町が連ドラで主演を務めるのは、2015年1月期のNHK「限界集落株式会社」以来約4年半ぶり。テレ東では今回が初となる。記事によると同ドラマは、企業再生が専門の弁護士・村松謙一氏のノンフィクション「いのちの再建弁護士 会社と家族を生き返らせる」が原作。反町演じる企業再生弁護士・村越誠一が倒産危機にある中小企業を救うために奮闘するストーリーで、反町は初の弁護士役に挑むという。

 

反町といえば、15年10月期からテレビ朝日の人気ドラマシリーズ「相棒」で水谷豊(66)演じる主人公・杉下右京の相棒・冠城亘役を熱演中。他局のドラマに出演したのは18年4月期の「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS系)のみだったが、ここに来てテレビ朝日以外の連ドラ出演を本格的に“解禁”したかたちだ。

 

「水谷さんは『相棒』に並々ならぬ熱意を持っており、共演者も相応の姿勢が求められてきました。しかし反町さんはすでに、水谷さんから絶大な信頼を得ております。そうした関係性ができていることもあり、今回の挑戦となったのでしょう」(テレビ局関係者)

 

今月9日には、都内の路上で体調不良で動けなくなった女性を救護していたことが報じられていた反町。そんななかでの弁護士役出演とあって、早くも話題となっている。

 

「いま、流れがきている俳優といえるでしょう。放送される月曜午後10時枠は、重厚な人間ドラマを高いクオリティで描く作品が多い枠。経済的な苦境に立たされた人々を救う弁護士役で、反町さんとしても新境地を開拓しています。女性を救護した報道もあっただけに、ドラマへの注目度は高い。ここでも好調な視聴率をたたき出せば、他局からのオファーが殺到しそうです」(テレビ局関係者)

 

今後、さらに俳優としてステップアップする可能性もありそうだ。

関連カテゴリー: